産後の骨盤矯正のセルフケア方法

出産した後は骨盤が開き、その後3か月間を目安に元の位置に戻ると言われています。しかし、完全に同じ位置に戻るわけではないケースもあり、体系を戻すためにも骨盤を矯正して骨格全体を調整するためにもケアをすることが推奨されています。骨盤矯正は整体院やカイロプラクティックサロンでも施術をしていますが、産後すぐに赤ちゃんと一緒に通うのは大変だという方が多いでしょう。その場合は、外出しなくてもできるセルフケアが選べます。ダイエット向けの骨盤専用ベルトやストレッチ方法などを用いると、自然に元に戻すよりもコンディションが整うと言われています。産後は自宅にいる時間が多くなるので、セルフケアを実践しながら、サロンでの骨盤ケアを定期的に利用すると気分転換にもなるでしょう。自分自身に合わせた方法を選択して骨盤のケアをすると、スタイルを戻すサポートにもなりますし、骨盤のバランスが乱れることが招く不調を予防することも可能でしょう。

産後は骨盤矯正を受けて悩みを解消しよう

産後、肩こりや腰痛がひどくなったり、体型が戻らないという悩みを抱えている女性は、骨盤矯正を受けてみるとよいでしょう。出産の際に開いた骨盤がそのままの状態になっていることで、体重は落ちても体型が戻らなかったり、肩こりや腰痛の症状が出やすくなっている可能性があるからです。産後に骨盤矯正を受けることで、出産の際に緩んでしまった骨盤を矯正することができます。正しい位置に骨盤が戻れば血流もよくなるため、基礎代謝がアップして痩せやすい体に近づくことも可能です。そのため、出産前の体型に戻らなくて悩んでいるときや、体重がなかなか落ちずに悩んでいるときにも気軽に施術を受けてみるとよいでしょう。ちなみに、産後の骨盤矯正の実績を豊富に持っている治療院なら、安心して施術を受けることが可能です。もちろん、自宅で自分でできる方法もありますので、育児で忙しくて通うことができない場合は無理のない範囲で実践してみるのもよい方法です。

産後はしっかり骨盤矯正しましょう

子供を出産した後、骨盤は開くし、胸は赤ちゃんが母乳を吸って下に垂れ下がるし、女性としての価値観のままでいると、ボディは随分ひどい状態になってしまいます。胸の形が崩れるのが嫌だから母乳育児はしなかったり、帝王切開で出産したりする人もいるそうです。でも大体の女性は、普通に下から分娩します。そうすると当たり前ですが、産道を通って骨盤を開きながら子供が生まれてきますから、産後すぐの骨盤は、グラグラと不安定な状態です。無理に歩くと腰を悪くしたり、後の母体にも影響して来ます。ですから出産後しばらくはあまり動き回らない方が良いとされている訳です。そんなグラグラの骨盤をキレイに元の位置に戻し、なるべく出産前のすっきりした腰回りに戻してくれる様、出産したその日から骨盤矯正を行いましょう。専用ベルトを購入すると、装着も楽で毎日続けられます。昔ながらのさらしをギュッギュッと巻いて締め上げるだけでも、随分効果があります。